プロフェッショナルな医療機器になるためにCOLUMN

医療機器

医療機器の転職に関して、営業ではありませんが、営業サポートとしてよく求人のあるポジションに「アプリケーション・スペシャリスト」があります。

営業とは異なりますが、売上にも貢献する意識も必要となってきており、大手医療機器メーカーでは、営業経験も求められています。

似たような職種でも、少しずつ仕事内容も異なっていることもあり、募集職種名も以下のようにさまざまあります。

  • ・アプリケーション・スペシャリスト
  • ・アプリケーションエンジニア
  • ・フィールドスペシャリスト
  • ・プロモーションスペシャリスト

その他、研究経験のある方で、分析機器など、その企業の取り扱い製品の使用経験のある方は、企業によっては、PhD取得支援制度なども完備している企業もあります。

顧客は研究機関や大学の教授、ドクターなどで、論理的で明確な会話と深い製品知識が求められます。相手が求めていることが何なのかを読み取る力は必要で、最終的な顧客は患者です。複合的な視点で明確に説明できるとより信頼も勝ち取れるでしょう。

面接の際には、受ける企業のプロダクトを理解しておき、何かしらの接触体験を持っておくと、より印象を深く面接官に刻むことができます。

また新たな技術分野にも積極的に学んでいく姿勢も必要ですので、常にそういう意識を持って日々過ごしていきましょう。

医療機器
転職サービスエントリー

医療機器
転職サービスとは?

当サービスは医療機器担当者への転職・就職を希望される方全般を対象にしたサービスです。
キャリアアップ、プロフェッショナルを志す方へ、参考になる実用的なコンテンツと、求人情報を提供して参ります。


  1. 有料職業紹介事業
  2. 人材育成コンサルティング事業
  3. 厚生労働大臣
  4. 許可番号 13-ユ-302907
  5. 県知事認可法人 許可番号
このページの先頭へ